So-net無料ブログ作成

斉白石の絵「山水十二屏」が158億円で落札 [展覧会Exhibition]

中国メディアによれば、昨年の暮に斉白石の絵「山水十二屏」が158億円で落札、史上最高値の中国美術品になりました。


斉白石.jpg


日本語のニュースは、人民網日本語版です。以下はそのサイトからの引用です。

著名な画家・斉白石(1864−1957年)の作品「山水十二屏」が、17日夜に開催された北京保利秋オークションで、最終価格9億3150万元(約158億円)で落札された。斉白石の作品の落札価格としては過去最高で、「山水十二屏」は世界最高値の中国の美術品となった。中国新聞網が伝えた。

4億5000万元(約76億5000万円)の開始価格で始まった同オークションは、57回の入札を経て、最終的に8億1000万元で落札され、手数料を加えた9億3150元での取引となった。

1925年に描かれた作品「山水十二屏」は、斉白石が北京の名医・陳子林に贈呈したもので、50年代に斉白石の女弟子・郭秀儀、黄●翔(●は王へんに其)夫妻に譲渡され、半世紀保管されていた。同作品の展示などの記録もはっきり残っており、その回数は50年代以降から数えて20回以上に達している。

「山水十二屏」は、縦180センチ、横47センチの書画「江上人家」、「石岩双影」、「板橋孤帆」「柏樹森森」、「遠岸余霞」、「松樹白屋」、「杏花草堂」、「杉樹楼台」、「煙深帆影」、「山中春雨」、「紅樹白泉」、「板塘荷香」からなり、すべてに斉白石自作の詩が書かれ、自作の印章が押されている。そして、統一して表装されており、「詩」、「書道」、「絵画」、「篆刻」の4拍子揃った貴重な作品となっている。

現存する斉白石の「山水十二屏」は2つしかない。一つは32年に四川省の軍人・王●緒(●は糸へんに賛)のために描いたもので、重慶博物館で保存されている。今回オークションにかけられたもう一つの作品は、民間で収蔵されている唯一のもので、現有の資料によると、54年4月に中国美術家協会主催の「斉白石絵画展覧会」で初めて披露された。その後、58年1月1−20日には、中国文化部、中国美術家協会主催の「斉白石遺作展」でも展示された。



△  △  △  △  △  △  
さて、すでに5、6年前にチャイナネットが報じたニュースでは、フランスの美術品コンサルティング会社「アートプライス(ARTPRICE)」は現代中国画の巨匠・斉白石が、過去の「ピカソ作品」などを抜き、世界最高の落札額を記録したという。

斉白石の「松柏高立図-篆書四言聨」が2011年5月に中国嘉徳(中国嘉徳国際拍売有限公司)主催のオークションで世界最高値の4億2550万元(53億4215万円)で落札された。中国美術品が世界最高価格で落札されたのは初めてだった。

中国美術品市場は2009年以来、世界シェアを拡大。2011年にオランダのマーストリヒトで開催された「アート・アンティークフェアTEAF」で公表された統計によると、中国の美術品市場は2010年にイギリスを抜いて世界第2位となり、世界シェアの23%を占めた。

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20120218/Searchina_20120218002.html








陸偉栄水墨画教室(墨絵塾) 欠員募集
成増教室のご案内


IMG_1903k.jpg


【スケジュール】 第2・第4木曜日 13:00~16:00
【受講する際の持ち物】 初回は書道道具などでもOK お持ちでなければレンタルも可
【問い合わせ】  電話 03-5968-8257  詳細はこちら
【住所・アクセス】 東武東上線(池袋から)成増駅から3分、地下鉄池袋から成増駅まで

  イオンカルチャークラブ 成増店
 〒175-0094 東京都板橋区成増2-21-2 ダイエー成増店6F
 TEL:03-5968-8257  受付:10:00-20:00(土日18時まで)
 https://www.aeonculture.jp/products/detail.php?product_id=9804



ダイエー成増店1.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント