So-net無料ブログ作成
展覧会Exhibition ブログトップ

斉白石の絵「山水十二屏」が158億円で落札 [展覧会Exhibition]

中国メディアによれば、昨年の暮に斉白石の絵「山水十二屏」が158億円で落札、史上最高値の中国美術品になりました。


斉白石.jpg


日本語のニュースは、人民網日本語版です。以下はそのサイトからの引用です。

著名な画家・斉白石(1864−1957年)の作品「山水十二屏」が、17日夜に開催された北京保利秋オークションで、最終価格9億3150万元(約158億円)で落札された。斉白石の作品の落札価格としては過去最高で、「山水十二屏」は世界最高値の中国の美術品となった。中国新聞網が伝えた。

4億5000万元(約76億5000万円)の開始価格で始まった同オークションは、57回の入札を経て、最終的に8億1000万元で落札され、手数料を加えた9億3150元での取引となった。

1925年に描かれた作品「山水十二屏」は、斉白石が北京の名医・陳子林に贈呈したもので、50年代に斉白石の女弟子・郭秀儀、黄●翔(●は王へんに其)夫妻に譲渡され、半世紀保管されていた。同作品の展示などの記録もはっきり残っており、その回数は50年代以降から数えて20回以上に達している。

「山水十二屏」は、縦180センチ、横47センチの書画「江上人家」、「石岩双影」、「板橋孤帆」「柏樹森森」、「遠岸余霞」、「松樹白屋」、「杏花草堂」、「杉樹楼台」、「煙深帆影」、「山中春雨」、「紅樹白泉」、「板塘荷香」からなり、すべてに斉白石自作の詩が書かれ、自作の印章が押されている。そして、統一して表装されており、「詩」、「書道」、「絵画」、「篆刻」の4拍子揃った貴重な作品となっている。

現存する斉白石の「山水十二屏」は2つしかない。一つは32年に四川省の軍人・王●緒(●は糸へんに賛)のために描いたもので、重慶博物館で保存されている。今回オークションにかけられたもう一つの作品は、民間で収蔵されている唯一のもので、現有の資料によると、54年4月に中国美術家協会主催の「斉白石絵画展覧会」で初めて披露された。その後、58年1月1−20日には、中国文化部、中国美術家協会主催の「斉白石遺作展」でも展示された。



△  △  △  △  △  △  
さて、すでに5、6年前にチャイナネットが報じたニュースでは、フランスの美術品コンサルティング会社「アートプライス(ARTPRICE)」は現代中国画の巨匠・斉白石が、過去の「ピカソ作品」などを抜き、世界最高の落札額を記録したという。

斉白石の「松柏高立図-篆書四言聨」が2011年5月に中国嘉徳(中国嘉徳国際拍売有限公司)主催のオークションで世界最高値の4億2550万元(53億4215万円)で落札された。中国美術品が世界最高価格で落札されたのは初めてだった。

中国美術品市場は2009年以来、世界シェアを拡大。2011年にオランダのマーストリヒトで開催された「アート・アンティークフェアTEAF」で公表された統計によると、中国の美術品市場は2010年にイギリスを抜いて世界第2位となり、世界シェアの23%を占めた。

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20120218/Searchina_20120218002.html








陸偉栄水墨画教室(墨絵塾) 欠員募集
成増教室のご案内


IMG_1903k.jpg


【スケジュール】 第2・第4木曜日 13:00~16:00
【受講する際の持ち物】 初回は書道道具などでもOK お持ちでなければレンタルも可
【問い合わせ】  電話 03-5968-8257  詳細はこちら
【住所・アクセス】 東武東上線(池袋から)成増駅から3分、地下鉄池袋から成増駅まで

  イオンカルチャークラブ 成増店
 〒175-0094 東京都板橋区成増2-21-2 ダイエー成増店6F
 TEL:03-5968-8257  受付:10:00-20:00(土日18時まで)
 https://www.aeonculture.jp/products/detail.php?product_id=9804



ダイエー成増店1.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

商売感覚でやっていると何時か破滅する [展覧会Exhibition]

知り合いの人から「○○展」の出品要項を見せられました。
出品料を見ると2万前後。額装もリースをやっているようで16,000から28,000円といろいろあります。
レプリカアートの宣伝や用具・用材などパンフレットもいっぱいついています。
これって本当に芸術展ですか、商売ですか?
不思議に思いました。

その知り合いにやめた方がいいよと言いました。
私が参加した展示会は出品料は1点8000円でした。ほんとに良心的なところ。お金ばかり要求されるところはまずおかしいと思います。

健全な分野ではなさそうです。水墨画はこのような商売感覚でやっていると何時か破滅する。発案者の狙いはわかりませんが、人々から離れていくに違いないでしょう。



陸偉栄水墨画教室(墨絵塾) 欠員募集
成増教室のご案内


IMG_1903k.jpg


【スケジュール】 第2・第4木曜日 13:00~16:00
【受講する際の持ち物】 初回は書道道具などでもOK お持ちでなければレンタルも可
【問い合わせ】  電話 03-5968-8257  詳細はこちら
【住所・アクセス】 東武東上線(池袋から)成増駅から3分、地下鉄池袋から成増駅まで

  イオンカルチャークラブ 成増店
 〒175-0094 東京都板橋区成増2-21-2 ダイエー成増店6F
 TEL:03-5968-8257  受付:10:00-20:00(土日18時まで)
 https://www.aeonculture.jp/products/detail.php?product_id=9804



ダイエー成増店1.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近代美術協会 公募作品展 [展覧会Exhibition]

上野公園、東京都美術館で開催されている近代美術協会公募作品展はやっと見にいけるようになりました。平日なのに、来場者が多く、盛大な場面でした。

CIMG12712k.jpg


CIMG1286k.jpg

ゆっくり見ていきますとしっかりした作や、面白そうな作品は多数ありました。

CIMG12781.jpg


洋画はほとんどですね。和紙絵、アクリル、ミクストメディアなどもありました。

CIMG1301k.jpg


なかには、雰囲気としてよく日本画の作家(東山魁夷?)の作品に似たようなものも出されて、すこし驚きました。まあ、こちらの錯覚でしょうか。
CIMG13031k.jpg

このような「似ている」のも偶然でしょうか。



最後に「国際交流」の作品も同時に出されています。韓国の作家です。

CIMG1301k.jpg

油絵の他に、水墨画なおもありましたが、掛け軸もあって多少違和感がありました。

この季節なら多くの作品が見られる機会です。
自分の制作にも何かプラスになると考えています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

友人の展示会(王子江氏) [展覧会Exhibition]

友人・王子江氏の「王子江(おうすこう) 雄原大地(ゆうげんだいち)展」は
千葉の茂原市立美術館で開催され、昨日見に行きました。

茂原市立美術館・郷土資料館は1994に開館した美術館で、茂原公園内にあります。この公園は、日本のさくら名所百選に選ばれたようです。公園を散策しながら気楽に芸術文化に親しむことができるということで、建物は2階建ての明るいモダンな外観をもっています。

美術部門では茂原出身の日本画家 林 功をはじめとする郷土ゆかり作家の作品を随時展示、また郷土部門では考古・民俗・歴史の3部門を中心に展示しています。

王1.JPG

さて、都内から11時過ぎ出発して、3時間近くかかってようやく茂原駅に着きました。会場は駅から結構離れています。バスは出ていますが本数は少ないので、直接タクシーで会場へ。

美術館・郷土資料館となっていますが、山にあるのでちょっとい歩かないといけません。
タクシーは美術館郷土資料館の前に停まったので楽でした。

ここは初めてです。

王3.JPG

王2.JPG


王5.JPG

王8.JPG

王子江は日本で活動している中国人水墨画家で、10数年NHK特集でも取り上げました。

今回の展示「雄原大地」は茂原市立美術館の美術収蔵品展として開催しています。収蔵品展は無料だそうです。
作品は一階の展示ロビーに展示さています。かなりの広さですね。

雄原大地の内容についてですが(以下は館の案内引用)
「大自然を壮大なスケールで描いた約100メートルの超大作『雄原大地』は、平成8年に当館での公開制作を経て収蔵され、NHKドキュメンタリーにて放映され、話題を集めた、王子江(おうすこう)の100メートルの水墨画の第1作目です。

また、当館2階市民ギャラリーにて、王子江後援会の主催による展覧会 共催展示「王子江 絵画展」も開催されます。会期は、平成29年11月18日(土曜日)~11月28日(火曜日) 最終日は午後4時まで開催です。雄原大地以外の王子江作品をご覧頂けます。

また、王子江氏ギャラリートーク・制作実演も会期中にやっています。
昨日実演していますが、作品の山水画ではなく一般の水墨画紹介でした。
王7.JPG


▼すごい迫力のある展開。
王4.JPG


王9.JPG


王10.jpg

帰りはちょっと大変でした。タクシーはなく、バス停を探さないといけません。
帰りのバス停はけっこう美術館から離れています。
都内から電車・バス約2時間30分前後、1500円(片道)


ご参考まで以下は茂原市立美術館ネットより掲載
平成29年11月19日(日曜日)、11月23日(木曜日) 各14時~16時頃 展覧会場およびロビーにて 申込不要・無料

会期
(全部展示)平成29年11月18日(土曜日)~12月19日(火曜日)

(後半部分展示)平成29年12月20日(水曜日)~平成30年1月8日(月曜日)

会期中の休館日
年末年始休館 平成29年12月29日(金曜日)~平成30年1月3日(水曜日)

開館時間
9時0分~17時0分

アクセス案内
JR外房線茂原駅より タクシーで8分 徒歩で40分
バス
 茂原駅から長南・牛久方面行きのバス(4番のりば)または、大津倉行きのバス(6番のりば)に乗り、藻原寺バス停で下車徒歩10分。バス運賃は180円(ICカードは使えません)

お車では、圏央道が便利のようです。
「茂原長南IC」または、「茂原北IC」から20分程です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

書の展示会 [展覧会Exhibition]

書の展示会場に行きました。
作品は他の絵画展に比べると盛大な規模です。
入口に入ってすぐ面白そうな作品を数点発見しました。
こういう作品が見たかったです。思わず、すごいねと言いました。

その後、何箇所の展示室をめぐって、最後に
真ん中に置かれた作品へ移動します。よくわからない体裁です。
何となく書道教室の先生かお弟子の作品のようです。

もう一度展示室を巡ってみました。入口以外、あとは「一律」の印象はかなり強いです。
作品の横に「○○○員」ばかり。目が疲れます。

最後出口のところへ移動しようと思ったところ、
となりの観客から、「同じ人書いてるようだね」と囁いて
いる声が聴こえました。
偶然、その人と目があって、お互いに笑いました。

確かに、言われてみれば、似たようなスタイル(作風)が
多く見られて、多彩でユニークな作品が限られています。
これは錯覚でしょうか。

つまりユニークでいい作品はもしかしたら埋没されました。

それは展示の仕方にも多少問題あるかと思います。
良い作品は活かされていません。

作品と作品の間は隙間がわずかで見る人から苦しく感じ
プレッシャーを与えられているではありませか。

掛け軸は、確かに1点のみかな?

同じサイズ同じ額で並べられるとよけいそう思われてしまいます。
この大規模な展示会をやるのは本当にたいへん苦労するのです。
同じサイズですと展示する時に扱いやすいかもしれませんが
反面面白くない印象が与えてしまいます。
ただ並べるだけでいいことではありません。

しかしこんな膨大な数の作品を出されると
容易に素晴らしい展示を開くには困難でしょう。
「参加すれば展示に出してやる」という気持ちが
分からないわけでもありませんが、「入場料無料」で
不特定多数の人が入るのですから、「何でもいい」ことは
わざわざ観に来る人に対して失礼になります。

入場料無料で他の絵画展より入りやすくなりますが
実際来場者はそれほどでもありません。
作品の数から、それに相応しい来場者が来てもおかしくないはずですあ
比例になりません。

水墨画展覧会も似たような現象があるようです。(ある水墨画画家の本で知りました)
その水墨画画家は著書で質より量だと未来がないと言っています。(原文覚えていません)

まさにその通りだと思います。

CIMG1110k.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
展覧会Exhibition ブログトップ