So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
TOP(for beginner) ブログトップ

水墨画用紙 [TOP(for beginner)]

Ink papermaking paper (for beginner)
The ones I usually use are Feng Sen, Bamboo paper, Temp paper. Either way it is available in Japan.

Hensen is mostly places such as Rantei tansen(Single declaration,dān xuān), Wang Rokuchi(Wang Liuji), Red Star Pleasure(HongXing, Net skin ChanXuan).
It can be purchased at calligraphy supplies store (Ikebukuro, Shinjuku).

In the World Hall there is also a special Kuretake's "Ink Making Paper" marketed (half paper)
There are 600 yen, 1200 yen (100 pieces), but I do not like it much.

Wang Rokuch(Wang Liuji) is rather cheap,
Wang Rokuch(Wang Liuji) (half cut, 100 sheets) 3500 yen + tax, (★ 500 sheets for half paper size, about 6 to 7 yen per piece)
Tempei unicom is 6000-7000 yen (plus consumption tax, 100 sheets together), but (★ If it is half paper size, about 15 yen per piece)
You can buy it even at the 3000 yen level at the time of sale (special sale day).

Economical way?
Although it is troublesome, it is economical to use half paper cut into half.

Practice is from paper size. It goes without saying that it is enough for practice.
It will not make a big screen suddenly.

If it is for work, it will be Ruby's Pure Skin. Although it is expensive, I think that it will not be used so much through the year
It is enough even if you substitute Wadokichi usually.


Paper paper and hemp paper are also sold in Japan, but I often purchase it on the net.
The charge is higher than Zen Sen. Even if it is easy, it will be from 10,000 yen.


Because the effects are different for Kanzen, Paper, and Tempaper, they are used properly according to the content.
Also, it may or may not fit yourself, so you may try it once.

In the ink painting classroom, I am using Takei Tsunete, Rantei tansen(Single declaration,dān xuān), Wang Rokuchi(Wang Liuji), Red Star Pleasure(HongXing, Net skin ChanXuan) etc as a test
We offer.


普段よく使っているのは、画仙、楮紙、麻紙です。どちらにしても日本で入手可能です。

画仙は、おおむね闌亭単宣、汪六吉、紅星浄皮といったところ。
書道用品店で(池袋、新宿)で購入できます。

世界堂では、専用の呉竹の「水墨画用紙」も市販されていますが(半紙)、
600円、1200円(100枚入り)ありますが、あまり好きではありません。

闌亭単宣、汪六吉はわりと安価で、
汪六吉は(半切・100枚)3500円+税、 (★半紙サイズにすると500枚、1枚あたり6~7円程度)
闌亭単宣は6000-7000円(プラス消費税、ともに半切100枚)しますが、(★半紙サイズにすると、1枚あたり15円程度)
セール時(特売日)3000円台でも買えます。

経済的なやり方?
面倒ですが、半紙を半切に切って使うと経済的です。

練習は半紙サイズから。いうまでもなく練習用なら十分です。
いきなり大画面作ることはないから。

作品用なら紅星浄皮。高いですが、年間通してそんなに使わないと思いますので
ふだん闌亭単宣、汪六吉で代用しても十分足ります。


楮紙、麻紙も日本で売っていますが、ネットでもよく購入しております。
料金は画仙より高い。易くても1万円からでしょう。


画仙、楮紙、麻紙はみな効果が違いますので、内容に応じて使い分けしています。
また、自分に合うかどうかもありますので、一度試すといいでしょう。

水墨画教室では、私が使っている闌亭単宣、汪六吉、紅星浄皮なども
試しとして提供しております。


201806132k.jpg








20180531_kk.jpg









20180614k.jpg









DSC_0021b.jpg








DSC_0023k.jpg











2018052602_k.jpg
(部分です)








20180710a.jpg


(ご案内)水墨画・墨彩画教室

   新宿教室  電話 03-5338-6711
   千葉教室(柏)電話 04-7137-4811

体験レッスン受付中。


(水墨画教室 授業風景)

CIMG1698kk.jpg




152506kk.jpg






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水墨画には欠かせない道具 [TOP(for beginner)]

これさえあれば、簡単にはじめられます。いわゆる「筆」「墨」「硯」「紙」。
中国では「文房四宝」といい、水墨画には欠かせない道具です。


■筆

筆には狼毫筆(剛毫筆)、羊毫筆(柔毫筆)、兼毫筆(けんごう、芯は剛毫系)と3タイプあります。
狼毫筆(剛毫筆)は、狼、馬、狸、イタチなどが混じった堅めタイプ、

羊毫筆(柔毫筆)は柔らかい羊などの毛で作られています。

兼毫筆とは、狼毛と羊毛を混ぜ合わせてミックスタイプ(芯は狼毫系)です。
初心者にはおすすめです。

値段は中国製800円~、日本製2000円ぐらいのものを選ぶと良いでしょう。

なお、書道用筆も使えますが、使い分けしない場合が多いです。


■墨

水墨画の初心者の方は、市販の液体墨を使うと良いでしょう。

液体墨は時間が経過すると速くも固まっていくので、廃棄しましょう。

水墨画に慣れてきたら、墨を磨って描くと良いでしょう。
やはり墨汁と違った、書き心地もそのうち実感するでしょう。

墨は高温や湿度の変化を嫌うので、風通しの良いところで保管しましょう。



■硯

水墨画の初心者の方は、使用しなくてもかまいません。

硯には中国産の石で作った唐硯と日本産の石で作った和硯があります。
硯の墨をためる部分を「海」と言い、墨をする部分を「丘」と言います。
硯は、この「丘」の部分の凹凸が細かいものが良いとされていっるようです。

硯値段は高いですが、3000円~の硯なら、十分に使えます。

当たり前ですが、墨汁の場合は、皿や容器など何でも代用品があります。



■紙

水墨画で用いる紙には、主に中国産(宣紙)と日本産(和紙)のものがあります。

水墨画初心者の方は、いわゆる四君子画(しくんしが=竹・梅・蘭・菊)から始まるのが一般的です。
また、初心者は運筆が遅いと思いますので、滲みのでない半紙を選んで四君子画を描くと良いでしょう。



中国産宣紙

日本では画仙紙(中国では生宣紙)
宣紙は、中国の安徽省宣州(宣城)産の上質書画紙から来ているという。
wikiで調べたてみら、画仙紙は日本の呼び名で、日本では江戸時代以来、
中国から輸入した書画紙が用いられたが、第二次世界大戦後これに倣った紙が
各地で生産されるようになった。日本では中国製のものを本画仙と呼ぶのに対し、
日本製のものを和画仙ともいう。日本の画仙紙には、
甲州画仙、因州画仙、越前画仙、土佐画仙、伊予画仙などがある。



宣紙(生宣紙)の特徴でもありますが、馴れたらこのニジミ効果は抜群です。
(スイカの絵・部分)
2018070602.jpg





水墨画は自分のペースで行える趣味です。とくに書道の基礎を持つ方ならぜひ水墨画も
やってみて欲しいです。(以前は「書画」でした)
基礎さえ身に付ければ後はセンス限界がないから向上心が絶えません。

また、水墨画を行うと、書道と同様に精神力(集中力)が必要で、洞察力、 表現力も磨かれます。

水墨画は小学生からシニアまで、一生続けられる趣味として人気があります。
多少遊び感覚で書くことを楽しんでください。
きっと水墨画の奥深さ、楽しさを知ることができるはずです。




[→] 水墨画入門編・竹の描き方


(ご案内)水墨画・墨彩画教室

   新宿教室  電話 03-5338-6711

   千葉教室(柏)電話 04-7137-4811

体験レッスン受付中。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ご訪問ありがとうございます! [TOP(for beginner)]

20171021k1.jpg
     


     ・動画・水墨画の描き方(1)
     ・動画・水墨画の描き方(2)
     ・動画・水墨画の描き方(3)
       ・もっと詳しい!・水墨画「竹」の描き方(1)
        ・水墨画「竹」の描き方(2)
         ・練習における「一点突破」    



水墨画をはじめませんか。


心を開放して、描写対象に拘らずに自由気ままに描くことができるのが水墨画。
古より多くの教養人たちに愛され、学ばれてきました。
他の絵画とは異なって、すぐ手軽に始められるのが特徴です。
しかしうまくなるには一定の基礎知識と技法が必要です。

このサイトは伝統水墨画・南画から現代水墨画までの研究と向上を目指し、
水墨画の普及に努め、水墨画を通し多くの方々と交流を図ることを目的としています。
また、より多くの方に水墨画の魅力や楽しさを知っていただき、
本格に水墨画を学ぶそのお手伝いをさせていただきます。


水墨画のある生活で、心を豊かにしませんか?
今日から描ける!生涯楽しめる趣味に出会える喜び!




20180710a.jpg



  
陸偉栄墨画/墨彩画教室


 ・画家、美術史家/評論家として活躍し、すでに30年になる。

 ・水墨画は色彩を使わないと思われがちだが、時代性を考え表現の材料に拘らず、墨彩画も大いに扱う。

 ・中国系水墨画は筆遣いによる力強い筆線(運筆)に日本系水墨画の滲みによる面白味(幽玄な趣)を加え、究極な水墨芸術を目指していきたい。


03.jpg



(ご案内)水墨画・墨彩画教室

   新宿教室  電話 03-5338-6711
   千葉教室(柏)電話 04-7137-4811

体験レッスン受付中。


(水墨画教室 授業風景)

CIMG1698kk.jpg




152506kk.jpg





Why do not you start ink painting?


It is the ink painting that can open the mind and draw freely without being concerned about the subject of depiction.
It has been loved and learned by more cultural people than old.
Unlike other paintings, it is characterized by being able to start easily easily.
However, certain basic knowledge and techniques are needed to be successful.

This site aims at research and improvement from traditional ink painting · Nanofito to modern ink painting,
We strive to disseminate ink paintings and aim to interact with many people through ink paintings.
Also, many people know the attractiveness and enjoyment of ink paintings,
I will help you to learn ink ink painting in full swing.


Why not enrich your mind in your life with ink paintings?
I can draw from today! A pleasure to meet a lifetime enjoyable hobby!


Rilu Iei Sumie / Sumika painting classroom

· Acted as a painter, art historian / critic, it has already been 30 years.

· Though it seems that ink paintings do not use color, though I think about periodicity, regardless of materials of expressions, I handle ink colors a lot.

· I would like to aim to become the ultimate ink-in-water art by adding Chinese style ink painting with powerful brush strokes (strokes) by stroking Japanese ink paintings (strange feelings).


(Information) Ink ink painting and squid painting classroom

Shinjuku class room telephone 03-5338-6711
Chiba classroom (Kashiwa) Telephone 04-7137-4811

During the trial lesson accepting.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
TOP(for beginner) ブログトップ